TOP


本展について

本展は、文化庁主催により、平成28年10月に開催した「ここから―アート・デザイン・障害を考える3日間―」展と、平成30年3月に開催した「ここから2―障害・感覚・共生を考える 8 日間」展を継承する展覧会です。3 回目の開催となる今回は、「障害・年齢・共生を考える」をテーマとし、年齢については「エイジ/レス」をサブキーワードとしました。障害や年齢を超越して、ものをつくることについて考え、また同じ場に集って展示を見ることにより、アートを通じて共生社会を考える機会となるよう企画するものです。また、「障害者週間」と会期を重ねることで、共生社会への関心や理解がより深まることを期待しています。本展では、障害のある方たちが制作した魅力ある作品と、文化庁メディア芸術祭の受賞作などから選ばれたマンガ、アニメーション作品や、参加型のメディアアート作品等を展示し、ワークショップや監修者によるトークなどのイベントも併せて行います。障害のある方やご家族、あらゆる人々が気軽に楽しみ、そこから新たな意識につながることを願っています。


お問合せ

「ここから3」展広報事務局(アート・ベンチャー・オフィス ショウ内)

※展示内容、イベント情報などは決定次第、順次、当サイトにて公開予定